ブログパーツUL5
<< また、多摩川の川岸で読書と音楽と眠りの季節になりました | main | 今年は、これかな?「瀬戸内国際芸術祭2010」 >>

スポンサーサイト

  • 2017.06.07 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


新宿「K’sシネマ」で「ソウル・パワー」を見る

マリ・ドゴン族の村へ ジャズ喫茶行脚 スペイン旅行 亀の夢の庭へ

この前、渋谷イメージ・フォーラムで イエジー・スコリモフスキという監督の’60年代傑作選、「不戦勝」を見たとき、予告宣伝でこの「ソウル・パワー」と言う映画が上映される事を知った。
説明不能なのですが、「これは見なくてはならない。」と深く決心したのでした。
”この映画を観ずして、死ぬなかれ!”とパンフレットに書いてあったのも影響したのかもしれない(うー、単純?)。
しかし、あのモハメッド・アリのザィールl国キンサシャでの戦いの時に、同時的に(結局ボクシングは事情で少し遅れた)催された音楽祭の映像は何故か見ておく必要がある、と結論したのでした。
もう一つは、キンサシャのアフリカ音楽の黄金時代という認識もありました、キンサシャは1970年代後半以降しばらく、アフリカ音楽全体の中心地で音楽的繁栄を謳歌し、地方語であったリンガラ語は音楽関係ではアフリカ共通語のようになったいたのです(アフリカ音楽の黄金時代Vol.2〜コンゴ篇<コンゴはザィールの後での名前>を見つけたら聴いてみてください。)・・つまりこの音楽祭も影響したのかなぁ・・・???


あの伝説的なキンサシャのアリの闘いは未だに心に残っている。
なぜ、ザィールのキンサシャなのか、も疑問だった。
(調べると、あの頃つまり、35年前は鉱物の資源国家として資本が集まり、高額のファイトマネーなどのスポンサーができる人がこのキンサシャにしかいなかった、らしい。)

それにしても暑苦しいぞ、ジェームス・ブラウン。

この音楽祭を催す裏舞台の話もたっぷり入り、おもしろかったです。アメリカの黒人がその地位向上へと高揚した時代だったようです。特にジェームス・ブラウンのファンではないのですが、その運動に加担していたはずで、そのステージも確かにインパクトのある、シンガーです。
マイルスって誘われなかったのかなぁ、なんてしょうもないことを思ってしまった。

この映画は吉祥寺と渋谷と新宿の映画館で上映されるのですが、マイナーなだけに上映時間がばらばらで、一番都合の良い新宿K’sシネマにしました。馬鹿な事に、映画館をネットで調べた場所を見て、昔からエロ映画をやっていた映画館が衣替えしたのだな、と早合点してしまい、到着すると相変わらずのエロ映画をやっている、周りを見てもわからず、紀伊国屋の店員に聞いてもわからず、しょうがないのでなつかしのピアなど買って、エロ映画館の直ぐ近くに発見し、辛くも間に合いました。
(携帯で探せ、と後でカミさんに言われた。)


スポンサーサイト

  • 2017.06.07 Wednesday
  • -
  • 07:50
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
今晩は、PATTAYAです。
先のタイの騒乱は、バンコクの方は相当に大変だったようですが、シラチャ、パタヤ方面は特に何ということありませんでした。空気も良いし、渋滞も無いし、住むなら田舎が一番ですね(笑)。
ところで、かのJAZZの先生は京都のご出身。どうも京都という土地は、こうしたマニアックな資質を育成する不思議な力を持っているようですね。。。
そうそう、『60歳からの、喫茶ジャズ行脚』のことも随分感心なさってましたよ。(私が紹介しておきました)
この方の他にも、同い年の同僚でオーディーマニアの方がいて、駐在中はこの方々のお部屋でガンガン音楽を流したり、皆でハイエンドオーディオショーに繰り出したりして、なかなかに楽しい経験をすることが出来ました。
残念ながら、全員、今年中に帰任の予定。ちょっと寂しい気分です。
  • PATTAYA
  • 2010/07/06 11:53 PM
うーん、どうやら幸せな時間を過ごしているようですね。タイの乱は落ち着いたのでしょうか?
  • Takashi
  • 2010/07/06 10:17 AM
今晩は、PATTAYAです。
本題とは関係ありませんが、今日は、シラチャのサービスアパートメントに住む会社の同僚(と言ってもあちらの方が随分年上ですが)でJAZZマニアの方のお部屋を訪ね、JAZZ講座を受けてきました。
一時帰国の都度、ご自宅で、MICROのレコードプレーヤーとDENONのアンプ、そしてPCを使ってご自慢のレコードコレクションをCD-Rに落とし、それをタイに持ち込んではアパートで聞いて楽しんでいらっしゃるのですが、二カ月に一回、会社の人間を数名部屋に呼んで、そのお披露目と蘊蓄の披露をなさっています。
もっとも、参加者の方は毎回あっと言う間に飲んだくれてしまって、まともに先生の話など聞いてはいないのですが。。。
今回のお題は、ウィントン・マルサリスでした、、、が、何を聞いたかは良く覚えていません。。。
しかし、ここへ来て毎回感じるのが、レコードの音って、そこそこの装置で再生しても結構高音質を実感出来るものだなぁ、ということ。帰国したら、レコード再生にもトライしてみたいと思っています。
  • PATTAYA
  • 2010/07/03 11:40 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 懐かしのジャズ喫茶、京都「ビッグビート」に再会
    sakai (01/16)
  • さらにデジタル、PC、映画、ゲーム用27インチモニターを獲得
    てけ (11/27)
  • さらにデジタル、PC、映画、ゲーム用27インチモニターを獲得
    Takashi (11/26)
  • さらにデジタル、PC、映画、ゲーム用27インチモニターを獲得
    てけ (11/24)
  • 今日はちょっと歩き回り:国分寺−吉祥寺−秋葉原−下北沢−明大前
    Takashi (08/06)
  • 今日はちょっと歩き回り:国分寺−吉祥寺−秋葉原−下北沢−明大前
    PATTAYA (08/01)
  • 新宿「K’sシネマ」で「ソウル・パワー」を見る
    PATTAYA (07/06)
  • 新宿「K’sシネマ」で「ソウル・パワー」を見る
    Takashi (07/06)
  • 新宿「K’sシネマ」で「ソウル・パワー」を見る
    PATTAYA (07/03)
  • 早稲田松竹で 『ゴダール』 を見る
    Takashi (04/22)
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM