ブログパーツUL5
<< 京橋フィルムセンターで「雨のしのび逢い」を見る | main | 銀座で見かけた車 >>

スポンサーサイト

  • 2017.06.07 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「フランス古典映画への誘い」で前衛映画を見る

先の「雨のしのび逢い」に続いて、ちょっとスノブだけれど、おもしろいかもしれない「フランス前衛映画選集」を見に京橋フィルムセンターへ行った。

並んでいると「今日は空いていると思ったのに・・・」と言う会話が耳に入ってくる。確かに、私も「今日は空いているだろう」と、思ったのに、かなりの人の列が出来ている。そして、始まって見ると、完全な満員御礼でした。



1:チューブ博士の狂気 14分
2:ほほえむプーデ夫人 28分
3:バレエ・メカニック 11分
     藤田の絵のモデルにもなっているキキ出演。
4:幕間        19分
     ルネ・クレール監督、出演の中に、マン・レイとデュシャン
5:純粋映画の五分間   5分
     ルネ・クレールの兄が監督
6:貝殻と僧侶     14分
7:塔         11分
     ルネ・クレール監督、エッフェル塔。

どうだったか?と言われると、微妙で、しんどかった、ですね。
当然ですが、全てモノクロの音声なし、ですから、ずーと画面を見ているのは結構辛抱がいります。
始まって2-3分で、会場のどこかから、大きな寝息が聞こえて来て、かなり長い間続いていました。
皆黙っていましたが、多分、「いくらなんでも早すぎるだろ」と思っていたに違いない。

スポンサーサイト

  • 2017.06.07 Wednesday
  • -
  • 07:32
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
古典映画情報 「おとうと」市川昆監督
邦画ベスト「おとうと」市川 崑 監督この年は、60年安保闘争で、日本中がデモの嵐が吹き荒れました 6月15日国会デモで樺美智子さんがその騒乱の中、なくなったことを忘れることが出来ません。私も、国会デモを体験いたしました。青春の忘れられない年、1960年
  • 古典映画情報 「おとうと」市川昆監督
  • 2007/06/07 5:57 PM
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 懐かしのジャズ喫茶、京都「ビッグビート」に再会
    sakai (01/16)
  • さらにデジタル、PC、映画、ゲーム用27インチモニターを獲得
    てけ (11/27)
  • さらにデジタル、PC、映画、ゲーム用27インチモニターを獲得
    Takashi (11/26)
  • さらにデジタル、PC、映画、ゲーム用27インチモニターを獲得
    てけ (11/24)
  • 今日はちょっと歩き回り:国分寺−吉祥寺−秋葉原−下北沢−明大前
    Takashi (08/06)
  • 今日はちょっと歩き回り:国分寺−吉祥寺−秋葉原−下北沢−明大前
    PATTAYA (08/01)
  • 新宿「K’sシネマ」で「ソウル・パワー」を見る
    PATTAYA (07/06)
  • 新宿「K’sシネマ」で「ソウル・パワー」を見る
    Takashi (07/06)
  • 新宿「K’sシネマ」で「ソウル・パワー」を見る
    PATTAYA (07/03)
  • 早稲田松竹で 『ゴダール』 を見る
    Takashi (04/22)
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM